トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

青空組が大根を掘っていました。(1月22日)

 ふと窓から外を見ると、青空組の連中が大根を掘っていました。
 自分が植えて、面倒を見て、抜いた「子」と一緒に写ってもらいました。
大根れいな
 この「子」は、根っこが上。
大根しょう
 この「子」は、根っこが下。
大根のえみ
 この「子」は、途中虫に食われて危なかったのに、しぶとく粘って、収穫までこぎつけたそうです。
大根すのー
 この「子」は、思ったようなサイズにならなかったらしく、「親」はちょっと苦い(酸っぱい?)顔をしています。
大根梨花1
 最後に残ったのがこの「子」。必死で引っ張っているのですが、なかなか抜けません。
大根梨花2
 ようやく日の目を見ました。
 写真でもお判りのように、こんな道路脇のわずかな土地なのに、けっこう立派に育っています。
 この後青空組は、教室に戻って、とれたての大根で何やら料理したようです。
 お母さんの一人が担当する「実験の時間」のひとコマでした。

★自主学校遊FBより
大根の王様と言われる、固定種の「三浦大根」
遊の小さな小さな畑スペースですが、今年はよく育ちました。(A)

  大根思ったより、小さかった子へ✨
葉っぱは他の大根よりも柔らかいので、色々なお料理に使えますよ💖(読者Mさん)

葉っぱ美味しいですよね🧡 ありがとうございます。(A)
スポンサーサイト



音楽会にエントリーしました。

 今年も遊の名物の一つ音楽会を開催します。音楽の橋本先生が工夫を凝らした授業の1年分の成果が楽しめます。
 日時は、2月23日(日)午後1時半から。場所は。くにたち芸術小ホールスタジオです。
 事前の予約や申し込みは不要ですので、気軽にお越しください。
 さて、毎年大入り音楽会が近づくと、101号室入り口のメッセージボードにこんな袋が張り出されます。
1月19日音楽会エントリー
 橋本先生の授業を受けているこども以外でも、申し込めば出演させてもらえるのです。現役の親のグループはもちろん、卒業生の親や専科の先生も参加します。ぼく(代表和知)もエントリーさせてもらいました。

1年生女子の詩のノートです。

1月18日まほろ詩のノート
 前回のヘアバンドの話で、6年女子を見上げて「かんむりみたい!」と言った1年生の女の子の詩のノートです。
 遊では、どのクラスでももの凄い数の詩を覚えて栄養にしています。

「手の時間」の作品です。

ヘアバンド
 小6女子が可愛いヘアバンドをしていました。前の日(1月15日)の「手の時間」で作ったばっかりだったようです。
 小1の女の子が見上げて、「かんむりみたい!」と言っていました。
1月16日ヘアバンド

伊豆からプレゼントが届きました。

靴下マリーゴールド
 伊豆分校の坂内先生が、誕生日のプレゼントにマリーゴールドで染めた靴下を送ってくださいました。
 坂内先生は、草木染や機織りの作家で、「結楽」という工房を持っています。(ちょっと話を盛ってます。)
 次の伊豆合宿は、音楽会(2月23日)の終わった後の2月下旬。早春合宿は初めてなので、どんなものに、どんな色に出会えるか、今からとても楽しみです。河津桜とも初対面。ワクワク。

オイリュトミーの尾崎先生のブログにこどもたちの年賀状の写真が載っていました。

尾崎先生のブログ年賀状

♥尾崎先生のブログをお読みになりたい方は、リンクの 「Lands and Skies」から飛んでください。

黒板の最新版です。(1月9日)

2020年1月9日
 3学期は学校説明会を開きませんが、個別の面談はお受けします。PHS (070・5565・5511)にお申し込みください。尚この電話は、担当の者が持っており、仕事中などでつながりにくいこともあるかと思いますが、後程ご連絡を差し上げますので、予めご了承ください。

頌春!

明けましておめでとうございます。
 旧年中は遊看板
あたたかいご支援を賜り、本当にありがとうございました。
 ネガティブなエネルギーがいっぱいの世の中ですが、遊看板は、今年も「ほめたたえの精神」(頌春!)で、「筋金入りの能天気」たるべく進んでまいります。今年も引き続きお見守りください。
 2020年が、皆様にとっても素晴らしい年になりますように。

「きれいな本」を初めてもらいました。

きれいな本FOR和知
 お餅つき大会の日、遊を始めて25年目にして初めて「きれいな本」をもらいました。
 中には、マーチ組(1,2年生)の子たちからの誕生祝いのメッセージと絵がぎっしり。
和知きれいな本by恵
 これは、小1女子のくれた絵。何才かはわからないけれど、とにかく年を取っていることはわかったのでしょう、ロウソクがいっぱい描いてあります。
 この他にあいりす組・青空組・α組の各クラスからは詩を一つずつ(全部で三篇も!)頂戴して、朝から感激のあまりちょっとウルウルしてしまった遊代表56才でした。

餅つき大会終了しました。(12月28日)

さとの家
 12月28日(土)は、遊年末恒例の餅つき大会でした。今年は、国立市の谷保にある「城山さとの家」をお借りしました。
 ご覧ください。例によって雲一つない快晴です。気温は前の日より随分下がったはずなのに、風がなく日差しも柔らかで、早速裸足になる子もいました。
餅つきあかり
 がんばる小2男子。
餅つきゆうさ
 負けじとがんばる小3女子と…
餅つきにいな
 妹の幼稚園生。
もち1
 今年は、5㎏ずつ3臼(計15㎏)つきました。味は、磯辺・納豆・なめたけ・胡桃・きな粉・あんこ・大根おろしの7種。
汁
 こちらは、野菜たっぷりの味噌汁。
 食べきれないお餅は大事に持ち帰りました。
 さあ、夜は木工部の忘年会だ!

水彩の時間の作品です。

12月20日ランタン
12月20日ランタン2
 水彩の岩田先生の時間に作ったランタンです。写真は、6年女子のものですが、5年生や、1,2年クラスの子も作ったようです。
 お部屋の雰囲気が、グッと素敵になりそうです。
 メリークリスマス!

二学期発表会終了しました。

12月20日発表会
 すみません。もう終わってしまった催しなのですが、小さい子たちがいっしょうけんめいに描いた可愛い絵なので、ご紹介します。
 12月20日は、午前中に発表会をした後、午後はみんなで大掃除をしました。けっこう気合を入れて模様替えまでした部屋も幾つかありました。これで気持ちよく新年を迎えることができそうです。
 年内の行事は、あと二つ。
 一つ目は餅つき大会。今年は、国立市の施設「城山(じょうやま)さとの家」で12月28日におこないます。外部の方も、お一人500円で参加できます。遊に興味のある方は、是非いらしてください。多分11:00頃からつき始めます。
 二つ目は、シェフ松永が腕を振るう、木工部忘年会。と言っても、遊のメンバーなら誰でも参加できるので、みんな楽しみにしているイベントです。
 それ以外にも、お母さんたちが遊の部屋で飲み会をするというような話し声が大掃除の時にちらっと聞こえたのですが、これは、聞こえなかったことにしておきましょう。

二学期発表会のお知らせです。

12月8日トランスパレント

 恒例の学期末発表会を下記の通りに開催します。

    日時; 12月22日(日) 10:00~12:00
    場所; くにたち福祉会館中会議室

 
 こどもたちの秋の実り、学習の成果を観ていただきます。
 事前のお申し込みは不要ですので、遊に興味のある方は、どうぞ気軽にいらしてください。

『遊のいろは』が冊子になりました。

自主学校遊への入学を検討されている方へ。

 今までブログでしか読めなかった「遊のいろは」が、遂に冊子になり、遊まつりの日に発売されました。
遊のいろは
 A4サイズ79ページに遊のあれこれがぎっしり詰まって、値段は1冊1500円となっております。ぜひぜひお買い求めください。

 尚、遊への入学までの流れは、下記の通りです。改めてお知らせします。
(「遊のいろは」はブログも冊子もほぼ同内容ですので、必ずしも購入される必要はありませんが、一読はお願いします。)

入学までの流れ
①遊の刊行物に目を通す。(「遊のいろは」はブログまたは冊子で必ず読んで下さい。)
②説明を聞きに足を運ぶ。行事に顔を出す。(学校説明会以外でも、お申し込みがあれば、随時面談をいたします。)
 少なくとも入学の3ヶ月前(理想を言えば半年前)には、遊にいらしてください。
③在校生の親と会って話をする。(特に同じクラスになる保護者とは必ず。)
 花中舎メンバー(OG・OBの親、ベテラン教師)と会って話をする。
④入学の意志を表明する。(PHS担当に口頭で伝えて下さって結構です。)1週間程で合否をお知らせします。
⑤途中入学の方は、入学までに家庭でやっておいてほしいことの講習を受けて頂きます。(新1年生は不要です。)
 こんな感じです。説明会にいらっしゃる前に①を済ませておいていただければと思います。

バロックハープのコンサートに行ってきました。(12月11日)

12月11日渋川さんハープコンサート
 ミラノ在住のハープ奏者の渋川美香里さんの無料コンサートが、遊から歩いて1,2分の「ひらや照らす」さんで開かれるという情報が前日にはいり、遊やクレーシュすみれの希望するこどもと大人で、ぞろぞろ聴きに行ってきました。
 お詳しい方のために演目を紹介すると……。
ハープ曲目
 バロック・ハープの音色はとても繊細かつ清らかで、屋久杉をふんだんに使ってあるという建物ともやわらかく調和していました。
 企画された「ひらや照らす」の皆さま、素敵な時間をありがとうございました。お茶とお菓子のおもてなしも心温まりました。小さいこどもたちも優しく受け容れてくださって感謝しております。
 ところで、今回とても素晴らしい演奏を聞かせてくださった渋川さんには、シュタイナー学校に通うお嬢さんがいて、毎年1学期の終わりに、短期間ですが遊に来てくれています。
「来年の夏お嬢さんが遊にいらっしゃる時に、是非とも遊主催でコンサートを開かせてください!」
終演後感動した和知が速攻で申し込むと、渋川さんの快諾が得られました。
 2020年7月くにたちのどこかで、渋川さんのバロック・ハープの演奏会、必ずやります。乞うご期待。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR