トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

六合村合宿に行ってきました。(その十一)

 7日目(7月29日)東京に帰る日です。朝ご飯を食べ、おにぎりを作り、掃除をして、荷物を車に積み込み、ご近所の方にご挨拶にいきました。
 ご不在の方には、遊スタイルの置手紙をしました。(これは、まだ書く途中。この後もっと絵が増えます。)
置手紙
 今回かなり疲労していた小学生は車で帰すことにし(卒業生が聞いたら「ワッチも丸くなったよね。」って絶対言うな。)中学生2人だけ、和知と青春18きっぷで帰ることにしました。
帰路柚香双葉
尻焼き水没
 こちらは、連日の雨ととどめの台風で水没した尻焼き温泉。
猫
 こちらは、お見送りの猫。
スポンサーサイト

六合村合宿に行ってきました。(その十)

 今回の合宿では、初日に「滞在中に何か一つ傑作をものせよ。」というお達しを出していたのですが、6日目夕方、私がBBQ残りの野菜と塩とスパイスで下味を付けておいた鶏モモを弱火でことこと煮込んでいると、「出来ました。」と言って「傑作」が次々に集まってきました。
のえみ絵本2
 これは小6女子の絵本。28ページの大作で、巻末には地図と登場するてんとう虫家族の肖像も載っています。
スノー絵本
 こちらは、小5女子の作品、これも、絵本です。ハリネズミの友だちのちょっと泣かせるいいお話でした。

六合村合宿に行ってきました。(その九)

 6日目(7月28日)朝のご飯の残りは五平餅にすることにしました。
五平餅
 午前中佐橋先生の車で食材を買い出しに行き、BBQをしようとわけです。休みだったお豆腐屋さんもやっとOPENしていたので、厚揚げを注文したら、その場で揚げてくださいました。
 BBQの道具や炭は大家さんが貸してくださいました。
 野菜➡ソーセージ➡野菜➡ソーセージ➡野菜というラウンドを経て、いよいよ五平餅の出番が回ってきました。
五平餅2
佐橋仕掛け
 こちらは、佐橋先生の考えた仕掛け。
五平餅2.5
 時間をかけてじっくり焼いていきます。
 最後は、かねて用意のネギ味噌をたっぷりと塗って
五平餅3
 さらに香ばしく炙って仕上げました。(写真は、名人7年生男子の作>)
 この後「焼きそばは夜にする?」と訊いたら、「異口同音」(これも学習しました。)に「今食べたい!」と言うので、締めの焼きそばまで食べ、「あー喰った、くった」と時計を見たら、ちょうど3時になっていました。

六合村合宿に行ってきました。(その八)

 5日目夕方、「木の時間」の佐橋先生がようやく登場。大渋滞に巻き込まれてしまったそうです。みんなで
「お着きになるのを一日千秋の思いでお待ちしておりました。」
と、お出迎え。朝の勉強の成果を早速実用化。
 この日は、台風がかすめたらしく、入浴中激しい雨が降り出しました。因みにお風呂は、近所の方の露天風呂(源泉かけ流し)を毎晩お借りしました。
 この日に限らず、一日中すっきり晴れるということは滞在中1度もなく、どこかで雨が降っていたのですが、さすがに翌朝は台風一過、素晴らしい好天で、今回の初白根山が拝めました。
初白根

六合村合宿に行ってきました。(その七)

 5日目(7月27日)朝9時、二人だけで東京に帰る東きょうだいを二人の子がバス停まで送っていきました。
東きょうだいを送る
 午前中はみっちり勉強し、午後の自由時間は双六を作って遊びました。
双六
 写真は、双六の「地獄ステージ」。腹筋や腕立て伏せをしたり、歌を歌ったりしなければならない苛酷なマスが続きます。(「おばばとディナーで2回休み」なんてマスも。)

六合村合宿に行ってきました。(その六)

 4日目午後櫻井お父さんとあいりす組の二人は帰京。残った子は、尻焼き組
尻焼き組
と買い物組に分かれました。
花1
花2
 買い物組は花を愛でつつ、(紫陽花もコスモスも咲いていました!)4,50分かけてお豆腐屋さんまで歩いていったのですが、ご不幸があったらしく、あいにくの臨時休業。花敷温泉のパン屋さんもなくなってしまったのでしょうか、買い物に付き合ってくれたご褒美は上げられませんでした。
 帰りは「十三まがめ」(「十七まがめ」と呼ぶ方もいます。「まがめ」というのは「曲がり目」のことでしょうか。)を通ることにしました。
十三まがめ
十三まがめ休憩所
 休憩所で一休みしながら、「この道は昔々の子の通学路だったんだよ。」「へえ。雪の時なんかたいへんだったろうね。」という話になりました。
 木の間を吹いてくるそよ風が心地よかったです。

六合村合宿に行ってきました。(その五)

 道祖神を探しにいく途中、道端にいたおじさんが「とんぼの催眠術」を実演してくださってから、トンボ採りブームがやってきました。トンボ
 警戒心のない六合(申し遅れましたが「くに」と読みます。)のトンボ。シャッターを押す指に止まってくることももあります。
トンボと梨花
 この子は捕まえたトンボに糸をつないで、葉っぱや小石を持ち上げさせて喜んでいました。
 別の子に「ねえ、羽が傷まないようにするにはどうすればいいの?」と尋ねると「そんな方法なんてないよ。わって、つかめばいいんだよ。」とのこと。
 確かに。ぼくもこどもの頃はそうやってわしわし手づかみにしておりました。

六合村合宿に行ってきました。(その四)

 4日目(26日)先ずは、上の小屋から薪を下ろしてきて、家の脇に積み上げました。
薪運び
 遊のお家芸バケツリレー(「よーし、バケツ行くぞ。」でスタート)で運んでいきます。誰からともなく、今年の夏至祭りのワルツのハミングが始まりました。
 お次は、六合村のあちこちにある道祖神のうちで一番近い根広のものを探しにいきました。
道祖神
どうそしんYuusa
 こちらは、3年女子の作品です。
 帰り道ヒメジョオンや露草の花を摘んで、お昼の味噌汁に入れました。花束を作って、台所に飾っている子もいました。

六合村合宿に行ってきました。(その三)

 今回の合宿は、午前中は机に向かって勉強し、午後は自由時間。2日目(24日)の午後は全員尻焼き温泉に行きました。後で聞くと、あいりすの女の子が二人おぼれかけ、しがみつかれた6年女子もヒヤッとしたとか。おいおい。
 3日目午後は、櫻井お父さんが参上。尻焼きに行かない子がかまど作りに挑戦しました。
土をこねる
土を積む
先ずは土をこねて、馬蹄形に積み上げていきます。
草を混ぜる
 土が足りなくなったので、以前石窯作りをした時に粘土を掘ったところから土を運んできて刻んだ草を混ぜ
もっと高く
 さらに高くしていき
完成
乾いた時ひびがはいりにくいように、表面に穴を開けて、完成です。
火をもして乾燥
 雨が降りそうなので、急いで乾燥させました。
焼きネギ
 出来たかまどは、熾火を入れてネギを焼いたり
カレー保温
 大家さんが差し入れしてくださったカレーを保温したり、とても重宝しました。

六合村合宿に行ってきました。(その二)

 合宿所(築120年の古民家)に着くと、オーナーの初江さんが、早速名物の「かりんとう」(ちょっとドーナツっぽい)を出してくださり、さらに赤飯のおにぎりまで振る舞ってくださったので、夜はご飯は炊かず、すいとん(人参・玉ねぎ・南瓜入り)にしました。
 翌朝起きると、何も言わないのに洗濯を始めるこどもたち。
洗濯2
 伊豆合宿と違って六合村には洗濯機がないのです。
洗濯1
 そんなわけで、毎回お馴染みの脱水シーン。女子の二人が共同で頑張っています。
洗濯3
 こちらは、男子チーム。

六合村合宿に行ってきました。(その一)

 7月23日から29日まで6泊7日で群馬県中之条町の六合地区(旧六合村)に合宿に行ってきました。
 ここ数年は自動車で往復していたのですが、今回は久しぶりに八高線・吾妻線に揺られて行きました。朝8時過ぎに国立駅を出発し長野原草津口駅に着いたのは13時19分。途中の吾妻線でお昼にしたのですが、街の景色を見ながらお弁当を食べるのもなんなので、「渋川を過ぎて単線になってからね」と言ってあったのですが、待ちきれなくて、お腹が空きすぎた3年女子のYuusaちゃんは、こんな感じになっていました。
おなか空きすぎゆうさ
 長野原草津口からは花敷温泉までバスで35分。ほかにお客さんはなくて、貸し切り状態でした。長い電車に疲れたのか、興奮して朝起きるのが早かったのか、何人かの子は爆睡していました。
爆睡スノー
爆睡梨花ゆうさ
  バスから降りたら、締めは40分の登り道。あいにく雨も降り出しました。急いでカッパを着るこどもたち。途中川のように雨水が流れるところもあり、先頭集団とゆっくり組の差はどんどん広がっていきます。
雨中行
 (こちらは、雨が小降りになって、ほっと一息ついたところ。)
 めげずに歩いて、15時ぴったりに合宿所に到着しました。

授業のノートより。

 遊では、中学生に向けた人体の授業を大事にしていて、代々の担任が力を入れてきました。今α組も、人体のエポックの真っ最中です。発表会では誰も発表しなさそうなので、ノートをちらっとお見せします。

人体みつき
ていねいに気を入れて仕上げた8年生女子のノート。
人体双葉
こちらは、7年生男子のものです。絵を描きながら、「こりゃ、手の指が器用に動くわけだ。」と呟いていました。(からだ全体の骨の4分の1が、両手の骨。)

黒板の最新版です。(7月18日)

7月18日発表会
 今回は、あいりす組の子が中心になって描きました。(虹の並びが、上下逆だな。)

発表会のお知らせです。(7月16日)

 気が付いたら、1学期の授業も、残り3日になっていました。
 今度の日曜日7月21日は、学期末恒例の発表会です。午前10時から遊のお向かいのくにたち福祉会館中会議室で、1学期の学習の成果をご覧に入れます。(終了予定は12時)
 新人のまやか先生の受け持つマーチ組(1,2年生)の発表は、どんなものになるでしょうか。きっとフレッシュで可愛いと思います。
 遊に興味をお持ちの方は、この機会に是非足を運んで、遊のこどもや大人の雰囲気を感じてください。一声かけて下されば、教室にもご案内いたします。
 皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

「手の時間」の作品です。(刺激を受けて、家で作ったものも含む。)

7月11日手仕事道具入れ
 さて、これは何でしょうか。
7月11日手仕事道具入れ2
 答。「手の時間」の道具入れ。3年女子の手作りです。朝「昨日Yuusaちゃんの作ったのが、すごく可愛かった」と何人もの子が話題にしていたので、見せてもらいました。4年Nodokaが、夏至祭りの代休の月曜日に家で作って持ってきたもの…
7月11日手仕事道具入れのどか
こちらを見て欲しくなり、すぐに作ったそうです。
 Yuusaちゃんは、今日も自作の服に身を包んで登校してきたので、そちらもどうぞ。
7月11日服