トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

OBがYouTubeに投稿していました。

 昨日勉強会で仕入れた情報なのですが、8期生gonza less(22才)が、世界旅行のレポートをYouTubeに載せていました。なかなか面白いので、是非見てやってください。
 タイトルは、「<世界一周>死ぬまでに一度は来てみたかったボリビア編」です。
 こちらをクリックするとご覧になれます。
他にも「グアテマラ編」「ペルー編」「ドイツ編」等があるそうです。"gonza less"で検索してみてください。
(でも、よっしー。"To be continue"は"continued"やで。
 誰か教えてやってくれ。)
スポンサーサイト

アーチ組の名前が変わりました。

 今まで1年生クラスの名前は「アーチ組」だったのですが、4月8日新1年生と合流して「マーチ組」に変わりました。命名者は、担任のまやか先生。マーチの「マ」は、まやか先生の「ま」なのかな。だとしたら、カタカナではなく、平仮名なのかも。
 確認するのを忘れておりました。
 MAACHI組も「フォルメン週間」の真っ最中。部屋を覗いたら、2年生女子が念入りな仕上げを施していました。
4月12日つむぎ

「フォルメン週間」初日の作品より。

 色々なタイプのものに、各自のペースでどんどん挑戦しているのですが、今回青空組(5・6年生)は、これからスタートしました。
4月9日すのー
 以前これを「水の中の花火」と見立てた子がいましたが、今年の子たちは、「わー、お花みたい!」と申しておりました。

黒板の最新版です。(4月12日)

4月12日フォルメン週間
 春!そして、新入生がいっぱい!!
 そんなわけで、なんとなくわさわさしている遊の教室。そんな空気を調えるために、ただ今遊は「フォルメン週間」の真っ最中。
 やり始めたら、どの子もとても集中して楽しそうなので、「フォルメン・シリーズ」(もはや週間ではなくなっている…)は、もうしばらく続きそうです。

黒板の最新版です。(4月8日)

4月8日入学式
 毎年4月8日(花まつり&クレーシュすみれの井上先生の誕生日)は、入学式で新入生を迎え、そのあとお花見をする日。
 今年の入学式は、初めて福祉会館中会議室での開催となりましたが、部屋の飾りつけなど準備もスムーズに行き、7年生、6年生、2年生各1人、5年生2人、1年生3人を迎えることができました。
 お花見の方は、朝からあいにくの雨であきらめていたのですが、式を終えて外に出てみるといい感じの空になっていて、無事決行することができました。
 例年だと4月8日にはソメイヨシノはほとんど散っていて、枝垂れ桜や山桜の花見になるのですが、今年は開花が早かったけれども、その後気温の低い日が続いたせいで満開までの助走期間が長く、おかげで、例年ならほとんど残っていないソメイヨシノの花をたっぷり味わえました。
 今年も良い年になりそうです。

オイリュトミーの尾崎先生のブログの最新の記事です。

国立劇場のひのき舞台でオイリュトミーをします(エイプリルフールではありません) ― 2019/04/01 19:09

 5月25日に国立劇場で、日本舞踊、インド古典舞踊、トルコ舞踊と、日本のコンテンポラリーダンスを組み合わせた

「言葉~ひびく~身体Ⅰ
神々の残照-伝統と創造のあわいに舞う-」


という大きな公演があります。
 その最後の演目「いのちの海の声が聴こえる」で、古事記の群読とマーラーの交響曲第5番の響く中、錚々たるダンサーの皆さんが踊られる舞台で、19名のオイリュトミストが、群舞をするのです。そのオイリュトミーの大群舞に、夫と私も加えて頂いています。
 昨年の12月から稽古を重ねて来ており、いまは、フォルム(空間を移動する大きな動き)が全部通って、音の動き(主に腕と手で行います)も一部乗り始めています。
 マーラーの交響曲第5番は、とてもドラマティックで起伏に富み、エネルギッシュな部分が続いたかと思うと、うっとりするほど美しいメロディや快活なところもあって、とても素敵ですが、オイリュトミーは1、2、4の3つの楽章をほとんど動くので、第2楽章と第4楽章の間に1分ほどのインターバルがある他は、ほぼ45分間動きっぱなし。しかも、音楽が変化に富む分、すごく激しかったり、早かったり、ゆったりと見えてたくさん動いていたりする、過酷なフォルムばかりです。
 私は、十五年以上前のフォルトコースの最終公演で、シューベルトの弦楽四重奏曲「死と乙女」の30数分動きっぱなし、というのを経験しているのですが、それ以来の、というか、さらに10分以上長いハードさ。
 あの時は、公演が終わったら体がすっかり変わっていて、「これはぜひキープしなければ!」と思いましたができるわけもなく、残念な思いをしました。
 今回はどうなるでしょう。おそらく、キープするには同じようなペースで動き続けるしかなく、それは至難の技ですが…
 今度こそやってみたいです。

神々の残照
神々の残照2



「きれいな本」出来上がりました。(3月20日)

 年に一度三学期の発表会でこどもたちに手渡す「きれいな本」が出来上がりました。
19年3月20日きれいな本

 「きれいな本」というのは、普通の学校の通信簿のようなものなのですが、詳しくはこちらをクリックして「遊のいろは」第五十三回をお読みください。
 因みに昨年の「きれいな本」は、こちら。

いよいよ!

19年3月発表会卒業式
 あいりす組アーチ組のこどもたちが、まやか先生と描きました。

「伊東のおじちゃん」のブログの紹介です。

 伊東さんブログ

 本欄にもしばしば登場する「伊東のおじちゃん」こと伊東孝志さんは、自主学校遊の創立メンバーで、遊の名付け親。「木の時間」の初代の先生です。
 現在は沖縄在住。本業は絵描きなのですが、筋金入りのシーカヤッカー&アウトドアの達人で、雑誌に連載も持っています。
 つい先日、伊東さんにブログのことを教えていただいたので、早速ご紹介します。
 リンクさせようとしたのですが、上手くいかないので、「道草楽描(みちくさらくがき)」で検索してみてください。

発表会と卒業式へのお誘いです。

 3月21日(祝)くにたち芸術小ホールにて、下記の催しを行ないます。

★発表会;10:00~12:00 3学期の学習の成果をご覧に入れます。
☆卒業式;13:30~16:30 こどもを遊に通わせ続けることの意味をきっと感じられるはずです。遊への入学を考えていらっしゃる方は、是非いらしてください。

㊟どちらの会も事前の申し込みは不要です。
 但し、卒業式は遊の人間にとって、とても大切なセレモニーですので、出られる方は服装にご注意ください。

またまた、伊東のおじちゃんから贈り物が届きました。(3月14日)

 沖縄在住の伊東さんから荷物が届きました。
タンカン1
 ふたを開くとお手紙がはいっていました。
タンカン3
タンカン4
 タンカンは、立派な完熟のLサイズ。
タンカン2
 15日(金)のお昼にみんなで分けて食べました。タンカンが初めての子や、「食べ終わるのがもったいないくらい美味しい。」としみじみ味わっている子もいました。
 伊東さん。いつも本当にありがとうございます。お元気でお過ごしください。多謝!

同じ日、隣りの教室には……。

 蜜ろう粘土作品が102号室に並んだのと同じ日、お隣りの103号室の「ロッカー」の上には、可愛いゾウが出現していました。
3月5日のえみゾウ
 5年生Noemiが手の時間に拵えたのだそうです。

蜜ろう粘土で作りました。

3月4日蜜蝋粘土
 3月4日(月)お弁当の時間に102号室に戻ったら、蜜ろう粘土製の小物が、きれいに飾ってありました。
 あいりす組アーチ組のこどもたちが、まやか先生と作ったようです。

樹のポーズを始めました。

樹のポーズ
 遊では朝に少しだけヨガの時間があるのですが、2月18日(月)からは、集中力アップのため、各授業の最初にも「樹のポーズ」で両足1分ずつ立つことにしました。
 始めて1週間ちょっと経って、なんとなく効果が出てきたような気も…。
 1ヵ月後が楽しみです。

★自主学校遊FBより(オイリュトミーの尾崎先生のコメント)
  あ、前回の授業で、こどもたちの感じが変わったと思ったんです❗️ いろんなことが、スッとできるようになったし、集中力もついていて。
 急な変化だったし、どのクラスもだったので、不思議に思っていました。
 そういうことだったのですね🤗

籾摺り機をもらって頂きました。

 昨年籾摺り機を下さる方があって、小さな遊に2台になってしまい、置き場に困っていたら、引き取り手が現れました。
大月で「棚田再生プロジェクト」をなさっているグループの方でした。(カンパありがとうございました。)
 すてきな活動なのでご紹介します。
大月エコの里
 お互いに頑張りましょう!

★自主学校遊FBより
 自主学校 遊 大月エコの里 棚田再生プロジェクト
facebookページもご紹介します。(A)
https://www.facebook.com/econosatoproject/