トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

12月23日(日)は餅つき大会でした。(その二)

 さて、予定より少し早く10:40頃から、搗くのが始まりました。
餅つきあかり
 1年生の男の子も、
餅つきゆうさ
 2年生の女の子もいっしょうけんめいです。がんばれ!
かえし双葉
 こちらは、手慣れた感じでかえしをする6年男子。
ちぎる
 つきあがったお餅は、みんなでちぎって、いろんな味のトッピング(?)のボウルにちゃぽん。
トッピング1
 こちらは、あんこ・納豆と(3つ目は何だ?食べなかったぞ。)と大根おろし
トッピング2
 そして、こちらは、ココナツ風味のサツマイモにきな粉。
 ほかにも、2種類の味のなめ茸や定番の磯部もありました。
 大鍋いっぱいの野菜たっぷり味噌汁も美味しくてあったまりました。
 遊の田んぼのうるち米で握った塩むすびも、途中で登場。
ずらり
ずらりと並ぶ(途中の)お餅たち。
 で、「おいしい、おいしい」と食べるのに夢中になっていたら、今年はいったいもち米は何キロ使って、何臼ついたのか、遊の田んぼで穫れたのだけで足りたのか、大事なことを訊き忘れておりました。

★自主学校遊FBより
3つ目のボウルは、紅しぐれ大根の大根おろしです。甘みが強く色も綺麗な紫なのですが、醤油を入れたら残念な色になりました。(A)
スポンサーサイト

12月23日(日)は餅つき大会でした。(その一)

 12月22日(土)に学期末の発表会と大掃除を済ませ、23日(日)は、いよいよ恒例の餅つき大会です。
 つき始めは、11時の予定。
杵
 杵たちも水につかって出番を待っています。
 大人たちは、それぞれ準備に大わらわですが、小さい子たちは、早速台車で遊び始めました。
台車合体
 これは、新技。二台合体の術。
つむぎ
 勢い余って、こんな体勢になってしまった小1女子も。
 そうこうするうちに、お手伝いから解放された上級生もやってきて、
竹馬
竹馬を始めました。
三人四脚
 なぜか、三人四脚を始める女子たちも。
 そんなお兄さんお姉さんたちを尻目に
たすく2
ずっと火のそばを離れない年長男子のTasukuであります。(来春入学予定)

伊豆から靴下が届きました。

 伊豆分校の坂内先生が送ってくれたみかんの箱に、Wachinhoの誕生日プレゼントの草木染め靴下もはいっていました。
靴下
 ビワ染め、鉄媒染だそうです。写真がまずいのでわかりにくいですが、グレーの底にワインレッドが沈んだような得も言われぬ色あいです。
 坂内先生は、実は「結楽(ゆら)」という名の工房(?)を持って、地域密着で作家活動もしているのでした。
靴下ラベル
 ラベル(?)の絵も、坂内先生の味だなあ。
 

「森の声」アンコール・セールが知らない間に始まっていました!!

★自主学校遊FBより
[森の声]木工品、手作り品の販売
クリスマスプレゼントにいかがでしょうか✨
三日間の限定オープンです。

12/20(木) 10時〜13時
12/21(金) 11:30〜13時
12/23(月) 10時〜15時
森の声クリスマス1
森の声クリスマス2
森の声クリスマス3

伊豆からみかんが届きました。(12月17日)

12月17日伊豆みかん
 伊豆分校の坂内先生が、遊のこどもたちもお世話になっている山田農園の青島みかんを送ってくれたので、すぐみんなで分けました。その場で早速一つ味見するこども&校長もおりました。

多摩動物公園に行ってきました。(その三)

 待ち合わせに遅れちゃいけないと思って、午前中は少し急いでたくさん回ったので、午後はゆったり観て回りました。
ゾウ
 スリランカのゾウさんの前で、なぞなぞを出し合いっこしながらたたずむあいりす組の女子。
インコ
 こちらは、インコとの対話で盛り上がる別の女子グループ。
「おはよう、って言うと、おはよう、って言って、ハローって言うとおじぎしたんだよ!」
とのことです。
モルモット

 こちらは、モルモットを抱っこして、まったりしているこどもたち。本当は15分交代なのに、すいているからといって、ずっといさせてもらって、しかも何回も「おかわり」させてもらったようです。
バッタ
 午後3時20分正門前に集合なのに、こういうのがあると、とりあえず乗ってしまうこどもたち。3時15分昆虫館前にて。
あしながおじさん
 そうか。写真を撮っているオヤジがいるので、(まだダイジョウブ)と油断したのか。
 

多摩動物公園に行ってきました。(その二)

キリン
 キリンと近距離で親しむこどもたち。1年男子KANTAは、誰か知らない人が来るたびに「手、なめられた!」と自慢しておりました。
 11:30から始まるオランウータンのスカイウォークを観てからお昼にするつもりで、
「11:30頃にオランウータンの檻の前で待ち合わせだぞ。」
と言ってあったので、その時刻に行くと
石垣
何人も、石垣の上にずらりと腰掛けておりました。石垣や木を見ると、登らずにはいられない遊のこどもたちです。
 さて、楽しみにしていたスカイウォーク、なかなか始まらないので(変だな)と思ったら、こんな張り紙がしてありました。
スカイW中止

多摩動物公園に行ってきました。(その一)

 第五金曜日は、こどもたちが楽しみにしている遠足の日。でも、11月30日は、遊まつり直前で忙しかったので、12月14日に2年ぶりで多摩動物公園に行ってきました。
 今週は、すっきりしない天気の日ばっかりだったのですが、さすがは遊の遠足、からりと晴れあがりました。
富士山
 これは、モノレール車窓から撮った富士山。
どこを回ろうか
 入園すると、お弁当の時間まで、自由行動。なんとなく2~5人のチームに分かれました。地図をもらってきて「どこから回ろうか」
相談中。
どこを回ろうか2
 こちらも、額を集めて相談中。男子は、さっさと動き出しました。
らいおん男子
 後から追いかけると、男子たち、ライオンの前に「たまって」いました。

二学期発表会のお知らせです。

ローズウィンドウ

 学期末恒例の発表会を開きます。
日時:12月22日(土) 10:00~12:00
場所:くにたち福祉会館中会議室
事前の申し込みは不要です。(入場無料です)
こどもたちの秋の収穫を是非見に来てください。

 また、その翌日12月23日(日)には、遊のお向かいの児童館グランドで、これも年末恒例の餅つき大会を行ないます。(小野路の田んぼで自分たちで育てたお米を使います。)
 11:00頃から搗き始める予定です。どうぞ遊びに来てください。
 こちらは、参加費500円です。

今度は、信州のりんごが届きました。

伊東さんりんご
 先日ラ・フランスを送ってくださった沖縄在住の「伊東のおじちゃん」(遊の「木の時間」の初代の先生)に、こどもたちみんなでお礼状を書いて送ったら、今度はリンゴが送られてきました。
 伊東さん、いつも本当にありがとうございます。今、お弁当のデザートに毎日食べています。明後日は、多摩ZOOに遠足に行ってきます。
 お体に気を付けて、健筆をおふるいください。(「伊東のおじちゃん」は、凄腕の放浪画家なのでした。)

みんなでロウソクを作りました。(12月6日)

 本当は、毎年12月の恒例のはずなのに、久しぶりにロウソク作りをしました。
ろうそく作り
♪回ろよ、回ろよ、みんなで回ろ!ロウのまわりをぐるぐると~
ろうそく作り2
 出来たのは、どんどん吊るしていって。
 3本作ったら1本おうちに持ってかえってもいいよ、という、まるで悪代官のようなむごい条件にもかかわらず、どの子も(中学生も!)楽しそうに作業をしてくれて、
ろうそく作り3
 お話の時間用のロウソクが、1年分出来上がりました。
 さぼらないで、張り切って毎日お話を語らなくちゃ。

遊まつりと同時開催の「森の声」はこんな感じでした。(その二)

 とても全部はお見せできないのですが、もう少しだけご覧に入れます。
森の声5
森の声6
森の声7
 おしまいのは、「家具の時間」井上先生の最新作。当日開場直前に運びこまれました。

遊まつりと同時開催の「森の声」は、こんな感じでした。(その一)

「森の声2018 atとろる」の様子もご覧ください。
森の声1
森の声3
森の声4
森の声2

遊まつり、こんな感じでした。(その三)

 遊の校舎の中は、きれいなものがいっぱい。
人形劇POP
 毎年満員御礼の人形劇や……
人形劇美知子
(こちらは、リハーサル中のクレーシュすみれの井上先生)
WS看板
WS
 木工部&お母さんたちによる手作りワークショップ。
 ワークショップの部屋には、こどもたちの作品(ノートを含む)を展示したブースも用意しました。
作品
作品2
作品3

 クレーシュすみれや自主学校遊のこどもたちは、日々美しいものに触れて、エネルギーを蓄えています。

遊まつり、こんな感じでした。(その二)

 牛蒡そばの売られていた児童館グランドでは、ほかにもこんなものが売られていました。
棒パン
今年も人気だった棒パン(奥の方には焼き芋も)や
焼きりんご
 こちらは、焼きりんご。
 写真はありませんが、あっという間に完売したラム肉入りボルシチもありました。
 マルシェ・コーナーでは、青森&長野産のリンゴが品種を問わずどれでも3個で400円。SNOWちゃんのおじいちゃんの畑の無農薬野菜、春菊・さつまいも・柚子・唐辛子・大根もありました。
テント
 こちらは、ブルーシートのテントを立てているところ。子どもコーナーのゲームをしたり「ちょっとこもったり」する場所になりました。
 テントの外では、毎度お馴染みの
ボーリングポスター
ボーリング
 ボーリング・コーナーも。
台車
 子どもコーナーではないのですが、台車はやっぱり小さい子たちに引っぱりだこでした。