トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

きれいな本が仕上がりました。(3月18日)

 3学期の発表会でこどもたちに手渡す「きれいな本」、今日の午後お母さんたちの有志と担任で作りました。但し入学1年目の親は当日初めてもらう時の喜びをこどもと一緒に味わってもらいたいので、今日の作業には参加できないことになっています。
 「きれいな本」というのは、一般の学校の通信簿に当たるものですが、遊では年に1回渡します。数値による評価は一切書かれていなくて、代わりに、その子に関わる大人たちがその子に向かって紡いだ言葉がブーケのように束ねられています。
 表紙はこどもが自分で描いた水彩画です。
 では、今年の仕上がりをご覧ください。

きれいな本マーチ組
 マーチ組。美しいユニゾンの世界。新人のまやか先生が、緊張しながら作っていました。

きれいな本アーチ
 こちらは、アーチ組(2年生)。
きれいな本あいりす組
 次は、3,4年生のあいりす組。意外な色が顔を出してきたので、お母さんたちも、びっくり!

きれいな本青空組
 こちらは、多士済済の青空組。5,6年生です。

きれいな本α組
 そして、最後は、中1中2のα組。この子たちの絵は、層技法というテクニックで描かれています。この子たちも、大きな変化の兆しが感じられます。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
55: by Natsuko on 2020/03/18 at 20:40:35 (コメント編集)

楽しみ~

56: by chiki on 2020/03/18 at 20:47:40

受け取る時の子供たちの顔が今から楽しみ!この作業を手伝えるのも親の特権だな〜