トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

選り抜き『遊のいろは』(その八)

 遊への入学を考えていらっしゃる方には、まず『遊のいろは』を読んでいただくことになっているのですが、結構な量なので、「おすすめ」をチョイスしました。(かわら版の第200号と第201号のアンケートで遊の関係者の支持が多かったものです。)
 春休み期間中毎日一つご紹介します。さらなる興味が湧きおこって、全編を読んでいただけるようになれば幸いです。

「守る」
 子どもが小さければ小さいほど、自分の周りにあるものを、いいものも悪いものも思いきり吸収する。そして、大人では考えられないくらい深く影響される。その影響は、心にもからだにも及ぶ。だから、子どもの「触れる」ものについては、出来るだけの配慮をしたい。
 不自然なもの、生き生きしていないもの、硬くて冷たいものは、極力取り除きたい。氣をもらって子どもがどんどん元気になるようなものをそばに置いてあげたい。
 子どもの側から働きかけられないもの、子どもが受け身のままにさせられるものは、与えたくない。子どもたちは、石ころ一つ、棒切れ一本、布一枚でも、想像力の翼を思いきり羽ばたかせることができる。そして、小さい頃存分に想像/創造性を伸ばしておくと、それが十代からしなやかで自由な思考力に姿を変えていく。子どもを車で「運搬」ばかりしてちゃんと歩かせないと、歩く力「立つ」力「ふんぎる」力が育たないように、既に出来上がったものばかり与えていると、子どもの想像/創造力は、廃用性萎縮を起こしてしまう。こんなもったいないことはない。
 子どもが喜ぶもの/ことが、子どもにとって本当は良いものでも必要なものでもない場合が多々ある。食べ物については、安心安全に気を使っていらっしゃる方が多いと思うが、子どもの心にはいっていくものにも、同じように、いや、からだの食べ物以上に気を配れないだろうか。「本物」に対する子どもの味覚や嗅覚を損なうような添加物だらけのものや、子どもを早く大人化させようとするホルモン剤入りのものは、気づかれないようにそっと遠ざけたい。
 子どもが子どもでいられる場所、子どもが本来持っているものを全面的に発揮できる場所。そんな環境を守っていきたい。(by53)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント